お勧め観光旅行ガイド情報

トップ>日本>神奈川県>明神ヶ岳
明神ヶ岳
メイン
地図
アルバム
クチコミ
箱根山の外輪山で、標高1,169mの山です。山頂からは富士山や南アルプス、大涌谷の眺望がすばらしく、富士箱根伊豆国立公園に指定されています。
両隣には金時山と明星ヶ岳があるため、一緒に縦走する事も多く、その縦走路は見晴らしが良いです。
登山口は南足柄にある大雄山最乗寺から登るコースと箱根から登るコースがあります。難所はありません。
基本情報
住所神奈川県足柄下郡箱根町
アクセス①伊豆箱根鉄道の大雄山駅より伊豆箱根バス「道了尊行」で終点「道了尊」で下車。
 下車したバス停の目の前にある大雄山最乗寺から徒歩2~3時間。
②箱根登山鉄道の強羅駅より徒歩2~3時間。
標高大雄山最乗寺:標高433m, 明神ヶ岳:1,169m
料金電車:小田原→大雄山は270円、バス:大雄山駅→道了尊は270円
電車:小田原→強羅は670円
山小屋営業期間宿泊不可
観光シーズン秋・冬
コースルート:大雄山最乗寺
大雄山最乗寺(標高433m)
↓150分, ↑110分
明神ヶ岳標高(1,169m)
コースタイム登り:2時間30分, 下り:1時間50分
その他
コース
大雄山最乗寺⇔明神ヶ岳
大雄山最乗寺にある天狗下駄から続くに明神橋から山道があり、明神ヶ岳へ続くコースになっています。
道迷いの心配はありませんが、2ヶ所道路を横断する場所があります。
登山道入口(最乗寺境内の天狗下駄と明神橋)
大雄山駅
大雄山最乗寺
明神橋の標識
登山道は最初は急登
なだらかな道が続く
車道
続きの登山道
登山道を進んでいくと、ガードレールがある車道にでます。すぐ目の前に続きの登山道があるため、そちらへ進みます。
雨の日はとても滑りやすい場所があります。
2つめの車道は横断し、階段を登ります。
見晴小屋
リフトの残骸
神明水と呼ばれる水場
江ノ島方面が見えます。
1つ目の明神ヶ岳と明星ヶ岳の分岐
2つ目の明神ヶ岳と明星ヶ岳の分岐
1つ目の明神ヶ岳と明星ヶ岳の分岐を明神ヶ岳の方へ行きます。明神ヶ岳から明星ヶ岳へ縦走する場合、ここまで引き返す必要はありません。
2つ目の明神ヶ岳と明星ヶ岳の分岐は展望が良く大涌谷が良く見えます。ここから明神ヶ岳の山頂までは3分程です。明神ヶ岳から明星ヶ岳へ縦走する場合、この分岐まで戻ります。
明神ヶ岳山頂
展望が広がる山頂には広いスペースがあり、テーブルが1つとベンチが複数あります。
低山であるため夏は暑いです。しかし秋ごろから冬にかけては過ごしやすく、休日のお昼時はベンチが満席になる事もあります。
山小屋や売店、トイレはなく、最寄は金時山になります。
大涌谷
富士山の奥に見える南アルプス
休憩スペース
畦ヶ丸(本棚・下棚)
西丹沢にある標高1,292mの山。沢沿いのルート上には本棚・下棚と呼ばれる2つの滝があり、丹沢山地でも有数の豪快な大滝です。
金時山
箱根山の外輪山の最高峰で日本三百名山の1つです。山頂からは富士山の眺望がすばらしく、芦ノ湖や大涌谷が一望出来ます。
猿島
東京湾に浮かぶ唯一の無人島で、湾内最大の自然島。かつて砲台が置かれ、要塞の島だった。レンガで造られた要塞は、今も残っている。
小田原城
小田原城の前身は、室町時代に大森氏が築いた山城。15世紀末、北条早雲が小田原に進出し、城を整備拡張しでき上がった。
立石公園
「かながわの景勝50選」の1つ。初代安藤広重は立石の絶景を「相州三浦秋屋の里」と題して描いています。
黒崎の鼻
三戸海岸と長浜海岸の間にあり、小高い丘になっている岬。ここから眺める夕陽は金色に輝く草藪と相まって絶景です。
獅子舞の谷
天園ハイキングコースにある紅葉の名所。落葉したイチョウの黄色い絨毯と青空に映える赤や緑のモミジのコントラストは別世界です。
佐助稲荷神社
源頼朝の夢に、当社の神霊が現れて平家討伐の挙兵を勧め、歴史的快挙に導いた。源頼朝が建立し、出世運や仕事運にご利益がある。
明月院
アジサイの青い花の色が明月院ブルーと呼ばれる程あじさいで有名です。方丈内にある悟りの窓から見た後庭園の紅葉は情緒溢れます。
長寿寺
季節・週末限定で公開の足利基氏が父足利尊氏の菩提を弔うために建立した寺。梅雨の時期は苔、秋は紅葉の美しさを観賞できます。
曽我別所梅林
曽我梅林には白加賀や杉田など多くの約35,000本の白梅が植えられており、観賞用の紅梅や豪華なしだれ梅も咲き誇ります。
幕山(湯河原梅林)
標高626mの幕山の麓には28種、4000本の紅梅・白梅が咲く梅林があります。山頂からは真鶴半島や初島、相模湾を一望できます。
矢倉岳・足柄峠
足柄平野から足柄山地の山々を眺めた際にひときわ目立つ、お椀(おむすび)の形をした標高870mの山。山頂からの展望は人気があります。